魔法使い美穂子の最新美容液なま情報ちゃんねる

あらゆる肌悩みを解消するための最新美容液情報を発信します。
MENU

肌の悩みにはどんな種類がある?

若い頃の肌はしっとりすべすべでありながらも、弾力があって、下手にメイクをしない方がきれいだったりします。
特に、色の白い方は「お肌がきれいでうらやましいわ〜」と言われた経がある人も多いことでしょう。
何を隠そう、私もその一人なので、よく言われていましたからね。
20代の頃までは、本当にメイクをしなくても全然仕事に行けちゃうレベル。
30代も前半までは、なんとなくバレてるかな?と思いつつも、やっぱりノーメイクで仕事に行っていたこともあります。
しかし、アラフォーともなると、さすがに毛穴やくすみが気になり・・・ノーメイクで出かけることにも抵抗が出てきました。
このようなお肌の悩みを抱えているのは、きっと私だけでなく、たくさんの女性がお肌の悩みを抱えていることと思います。
そんな悩みを解決すべく、最近とても流行っている美容液がお肌の悩みにとてもいいということで、皆さんへ最新の美容液情報をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

お肌の悩みの種類

お肌の悩みを抱えていると一言でいっても、その悩みは人それぞれですよね。

 

  • 乾燥肌
  • 肌荒れ
  • たるみ
  • むくみ
  • 毛穴の広がり・詰まり
  • シミ
  • しわ

 

 

皆さんのお肌の悩みは何でしょうか。
この中にありますか?
実は、この悩みの多くに共通点があります。
何だかわかりますか?
答えは、これらはすべて加齢とともに出てくる症状です。
そう、加齢とともにお肌も老化してしまうので、どうしても年々悩みは増えていく一方になってしまうのです。
もちろん、乾燥肌や肌荒れ、むくみについては、若い頃でも悩むことがあるでしょう。
しかし、それらの悩みは一過性であることが多いので、加齢によるお肌の悩みとはまた少し違うのです。
若い頃のお肌の悩みといえば、ほかにもニキビがありますよね。
これも、基本は食生活に注意していればそこまで深刻な問題とはなりません。
また、やっぱりニキビもずっとあるわけではありませんよね。
そうなのです。
若い頃のお肌の悩みは、食べ物や睡眠時間、運動などのある程度のことに気をつけていれば防ぐことは十分に可能なのです。
しかし、加齢によるお肌の悩みは、そうもいきません。
食生活や睡眠時間に気をつけて、運動を行っていれば少しは改善するでしょうが、それだけでは悩みの解消とまではいかないでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、外側からのアプローチ。
内側からだけでなく、外側からも刺激を与えることで、お肌の細胞は活性化するのではないでしょうか。
具体的に言うと、美容液がおすすめです。
いい美容液を使用してグンと若返ってみたいものですね。

美容液とはどんなもの?

美容液で探すと、多くの化粧品がヒットします。
ネットではもちろんのこと、ドラッグストアや大型ショッピングセンターなど、多くの商業施設で美容液を購入することは可能です。
では、美容液はいったいどこで買ったらよいのでしょうか。
そもそも、美容液という名前以外は美容液について何も知らないという人が実は多くいらっしゃいます。
あなたは美容液はどんなものだか知っていますか?
私はよく知りもせずに使用していました。。。

 

 

 

美容液とは?

私も今まで興味がなかったのか、CM効果で安心していたのか、調べもしないで使用していたのですが、改めて美容液についてお伝えしようと思います。
美容液は、保湿成分や美白成分が濃縮して配合されている化粧品であり、化粧水等でお肌を整えた後に使用するものとされています。
使用箇所は顔だけでなく、体の気になる部分に使用することも可能です。
美容液は美容成分がギュッと詰まったものでありますが、実際には美容成分の配合成分や配合量に決まりはないので、これはメーカーによって異なります。
何もわからないで美容液を購入している人もいることでしょう。
美容液を購入する際には、必ず成分表をチェックして、どんな美容成分が配合されているか確認しておきましょう。

 

 

 

美容液の役割とは?

美容液には美容成分が濃縮されて詰まっています。
この美容成分を角質層まで届ける役割があるのが美容液です。
日焼けによるシミや、乾燥による小じわを目立たなくさせたい、美白を目指したいなどの願いを叶えるためのアイテムの一つだと考えておきましょう。
美容液単体ではお肌の悩みを解決することは不可能です。
まずはいつもどおりのスキンケア、化粧水を使用してから美容液をつけるのがおすすめです。
そしてたっぷり美容成分が入った美容液をつけることで、お肌の奥まで美容成分を届けてあげます。
美容液は、保湿力の高いものを選ぶと乾燥をしっかり防ぐことができるのでおすすめです。

 

 

美容液には種類がある?

これ、実は知らない人が多いのですが、美容液にも種類というか、タイプがあります。
大きく分けると以下の3つですね。

 

  • 乾燥を防ぐ
  • 美白効果を狙う
  • エイジングケアを狙う

 

年齢やお肌の状態に合わせて選ぶようにするとよいでしょう。
ただ、私のように加齢で悩んでいる方にはエイジングケアを狙える美容液が人気を集めています。
店頭で美容液を購入する際には、こういった点もアドバイザーに相談しながら購入すると、よりよいアイテムと出会える確率が増えますね。
ネットで購入する場合には、口コミを参考にしてみるといいですね。
商品案内にも詳しく書かれていますので、よく読んでから購入しましょう。

美容液の効果

皆さんは、スキンケア商品にどのような効果を求めていますか?
保湿はもちろんのこと、たとえば美白を求めている人は多いのではないでしょうか。
まあ、かく言う私もその一人なわけですが。
女性ならやっぱりお肌が白いほうがきれいですよね。
割と白めの肌である私も、やっぱりもっと透明感のある美白に憧れます。
しかし、美白を目指すとはいっても、スキンケア商品はたくさんありすぎて、どうしたらいいのかわからない。
わからないけど、とりあえず「美白」と書いてある化粧水やら洗顔やらを使用しているけれど、効果は正直よくわからない。
同じように感じている方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

話題の美容液の効果

実は最近巷で話題を集めている美容液があるのをご存知でしょうか。
お肌の衰えを感じている方もその効果を実感しています。
それはいったい何ぞや?
その美容液あ卵殻膜を使用しているといいます。
これでわかったという人もいるかもしれませんね。
なんと、その名も「ビューティーオープナー」という美容液。
この美容液はに期待できる効果はなんと、6つ!

 

  • ベビーコラーゲンとも呼ばれているV型コラーゲン
  • ハリ・ツヤ・弾力UP
  • 透明感UP
  • うるおい
  • 浸透力
  • お肌を引き締めてキメを整える

 

ビューティーオープナーには、卵殻膜エキスが94%とたっぷり配合されています。
この卵殻膜がまた凄いのです。
18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸で構成されているのですが、実はこれは私たちのお肌に近い成分なので浸透しやすいという特徴があります。
このほかにも、ヒアルロン酸Naやカンゾウ根エキスなどの保湿・美白成分が配合されているのも魅力ですね。
また、お肌に悪いといわれる着色料や合成香料、鉱油物、防腐剤、さらにアルコールも不使用なのも大きな魅力。
数ある美容液の中でもなかなか貴重な美容液ではないかと思います。

 

 

実際にお試しで使用してみた人たちの声もとてもいい!

ほんとに僅かの期間の使用でも効果がわかるほどの美容液ってなかなかないと思うのですが、卵殻膜はすごくいいという人がたくさんいました。
たるんだ毛穴が改善して、お肌全体が引き締まったりする効果の美容液ってやっぱりなかなか出会えないものですよね。

 

 

私も今使用している美容液は決して悪くはないのですが、正直よいかと聞かれると疑問が残ります。
使用感はいいのですが、美白用とうたってあるにも関わらず、その効果はあまり実感できていません。
この美容液を使い切ったら、ビューティーオープナーに切り替えてみようかと考えているところです。

 

(出典:ビューティーオープナーはまだ買うな!7人の女性が効果を大暴露!

美容液の正しい使い方

美容液を使用していても、残念ながら誤った使い方をしている人もいらっしゃるのです。
せっかくいい美容液を使用していても、誤った使い方をしてしまったが故に、効果は半減してしまうケースもあります。
そうなると、せっかくいいものを購入しても無駄になってしまう・・・できればそんな悲しい結果にはしたくありませんよね。
では、美容液の正しい使い方とはどんな感じなのでしょうか。

 

 

 

美容液の正しい使い方

 

皆さんは美容液をつけるタイミングっていつだと思いますか?
洗顔後すぐ?それとも、化粧水をつけてから?はたまたスキンケアの締めに?
この質問を何人かの友人にしたところ、一番多い答えはスキンケアの一番最後に使用するというものでした。
実はコレ、間違っているのです。
私も正しい使い方を知るまでは、同じく最後に使用するものだと思っていました。

 

 

美容液をつける手順

 

  1. メイクを落とすためにクレンジングを行う
  2. 洗顔で肌の表面に付着した汚れ、メイク汚れを落とす
  3. 化粧水をつけて肌に水分を与える
  4. 美容液で必要な栄養、美容成分を角質層まで送る
  5. 乳液・クリームをつけて肌に油分を与えてふたをする

 

 

はい!これがベストな美容液の使用手順です。
ただし、美容液によっては化粧水の前に使用したり、順番が変わるものもありますので、パッケージで使用手順を確認してみましょう

 

 

美容液の間違った使い方

こちら、ありがちな間違いを挙げてみました。

 

  • 美容液をつけるときに、パンパンと叩いてパッティング
  • 推奨量を大幅に上回ってつける
  • 何度も重ねづけをする
  • 化粧水や乳液を混ぜて使用する
  • 肌トラブルを美容液のみで改善しようとする.
  • 何年も前に購入した開封済みの美容液を使用する

 

これらの行為は肌を傷めてしまったり、場合によっては皮膚に炎症を引き起こすことも考えられますので、絶対に止めましょう。
特に多いのが、美容液の無駄遣い。
多めに使用したほうがいいだろうという判断によって、逆に肌の乾燥を招いていしまうこともあります。
また、酸化が進んでしまい、シミやくすみができてしまうこともありますのでご注意を。
そして、次に多いのが重ねづけ。
これは、美容成分の違いによって全部満たそうとする場合が多いのですが、実は美容液をたくさん重ねづけしてもあまり意味がありません。
美容液の組み合わせにより、肌トラブルを起こすこともあるので、止めておきましょう。

 

美容液を使用する際には、小分けにして塗っていくのがおすすめです。
ファンデーションを塗るときと同じように、額、鼻、頬、顎というように少量ずつおいて軽く伸ばしていきましょう。
また、気になる部分は指の腹を使って少し押さえてあげるといいですよ。

更新履歴
このページの先頭へ